Jan's travel blog

旅行と音楽と映像と、ときどき建築
ドライブ的な伊豆 と、木花開耶姫命
0
    大室山1
    何年か前に拳王(というニックネームの友人)と目指して挫折、その後、拳王を含めた友人連中とやっと到達した事のある伊豆の大室山、なぜかまた今朝、突然訪れることになりました。
    天気も良く気分上々。
    続きを読む >>
    | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 00:15 | comments(3) | trackbacks(0) | - | -
    和歌山日帰り
    0
      和歌山城
      日帰りで和歌山に行ってきました。
      夜行バスを使ったから正確には1泊?
      いや、久しぶりにJRバスを使ったのですが、けっこう熟睡できました。
      むかしはよくわからんビデオ上映とかやってた時期もあったのですが、最近は乗った瞬間からバスの社内が暗くていいですね。
      寝付いた頃に足柄サービスエリアに着くのはいただけませんが…。

      続きを読む >>
      | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 08:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
      和歌山旅行
      0
        その1
        たま駅長と出会うまで


        その2
        龍神温泉〜太地町〜那智大滝〜那智勝浦駅〜鳥羽駅〜伊良湖フェリー〜伊良湖岬
        | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        2008タイ旅行 3日目 (2月4日)
        0
           今回の旅のメインはコ・サメット(サメット島)に行くことだった。

          サメットに行くことになる理由は実は2001年3月まで遡る。
           ネパールでの建築調査を終え、カオサンで束の間の沈没を楽しんでいた僕のところへ、中学からの親友であるK原とその弟が訪ねてきた。
           K原は4月から大手ゼネコンでの就職が決まっているので卒業旅行のつもりもあるらしい。おりしもディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」が上映された翌年ということもあり「3人で海に行こう!」という話になった。
           ママズ・ゲストハウスのテーブルであれこれ議論していたが、当時の僕はタイ北部ばかり行っていたので南部に関しての知識は皆無。そこで宿の人に「どこかオススメのビーチとかある?」と聞いたら答えてくれたのがコ・サメットだったのだ。

           結局その時は時間も足りずパタヤでお茶を濁したが、パタヤの海の濁り具合といったらお茶のレベルでは無く、これなら金沢八景で泳いだほうがマシと思えるほどのものだった。
           そんな前置きもあって、タイ人がオススメするコ・サメットとはどんなところだろうかとずっと気になってはいたのだ。



           そして今回、メルボルンで知り合ったタイ人のC、韓国人のMと共にコ・サメットを目指すことになったのは僕のリクエストによるものだった。




           今回はカオサンエリアに宿泊しているのでラマ8世橋の船着き場から船にのってサトゥーンまで向かう。このルートはワット・アルンとかが美しく見えるのでおすすめだ。12バーツ。
           ちなみにカオサンに一番近い船着き場はバンランプーなのでお間違えなきよう。

           サトゥーンで船を降りると近くに狭くて急な階段があり、それを上るとBTSのサパーン・タクシン駅に行ける。BTSでエカマイ駅まで行けばそこがバスターミナルである。たしか30バーツ。

           エカマイからはバンペーを目指さなければならない。バンペーはコ・サメットに向かう船着き場の名前で、まあ行ってみれば小さな田舎町。ネットで検索するとバンペーあたりで一泊している人もいるらしいが、はっきり言ってどうやって時間を潰すか考えてしまうような町と思う。
           エカマイに着いたのは9:45くらいだったのでカウンターでチケットを買う。たしか160バーツくらい。船のチケットは往復で100バーツ、これもここで買える。某黄色いガイドブックでは「船のチケットは買わなくて良い」と書いていたが、べつに買っても何の問題も無かった。後述するが船も非常にスムーズな乗継ぎだったと言える。



          船がコ・サメットに到着するところ

          | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          2008タイ旅行 2日目
          0
            2日目は会おうと思っていた友人とも会えなかったので市内観光をしてみることにした。

            カオサンの裏通りあたりで朝食を食べることにする。はじめは「レックさんラーメン」を食べようと思ったのだけど早すぎてやってなかった。
            「レックさんラーメン」というのは例の黄色いガイドブックにも紹介されている屋台ラーメン店で、価格がわずか10バーツ(33円)なのだ。その為に日本人バックパッカーには人気があり、もちろん日本語メニューも置いている。
            ただし量も10バーツ分なので少ないし、具なんて申し訳程度に乗っているだけだ。
            レックさんラーメンは10時頃からかな?カオサンで沈没していた20代前半の頃はレックさんラーメン2杯が朝食の定番だったけど、当時の自分がいかに堕落していたか分かるw

            今回はまだ朝8時前なのでもう1軒の定番でもあるブッカケ飯の店に行く。この店は「レックさんラーメン」の路地入り口あたりで昔から婆さんが営業している。日本人も少なくないので手馴れたものだが、初心者バックパッカーではこんなところでも値切ろうとするからすごい(ちなみに値切れるわけがない)。

            このブッカケ飯屋で目玉焼&カレーを食べているとちょっと変わった日本人らしき人が…
            実はこの人、アジアの某大学の日本語講師だった。お互いに朝からやることも無いので一緒にタクシーでサイアムスクエア方面へ向かうことにする。

            そんな感じでサイアムスクエアに来たものの、朝のサイアムスクエアなんて朝のセンター街と同じくらいやることが無いし、しかも季節はずれの大雨が降ってきたものだからカフェへ避難。
            さっきのブッカケ飯と同じ値段のカフェラテを飲む。これが「タイ」だ。

            | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            2008タイ旅行 1日目その5 カラオケ
            0
              「じゃーカラオケでもするかー」という話になり、パラゴンのカラオケボックスへ。
              パラゴンの上階にはボウリング場とカラオケボックスが併設されている。この併設されぐあいが田町ハイレーンにそっくりなのだが、ハイレーンのような場末感はなくとてもタンサマイ(タイ語)な感じである。



              選曲のインターフェースも独特で、タイ語・英語・日本語・韓国語に対応している。
              日本語はちょっと怪しい感じで「宇多田ヒカル」と「うただひかる」と「ウタダヒカル」が別々に登録されていたり誤字脱字も多かったが、カラオケ映像自体はJoysoundから引っ張って来たもののように見える。ただし正規かどうかは不明(笑)



              とりあえず日本語で一曲TSUNAMIを歌ったあとはタイ曲を歌った。
              Khid Thung Chan Mai Wee-laa Thii Ther...
              Siang Kong Hua Jai
              Panthip
              などなど。
              かなりハッタリだがなんとかなるものだなーと思った。:-)


              ちなみにタイでカラオケに行くのは8年ぶりくらい。その時はチェンライ県のド田舎町であるメーサロンに居て、夜あまりにヒマでヒマで仕方ないのでKARAOKEと書いてある店に遊びに行った。なにぶんメーサロンなので中国語のカラオケばっかりだし、ぜんぜんまったくわからないのでお店の人が歌うのを聞いていた。
              ちなみにメーサロンがどれくらい田舎かということを説明するには、その道程を説明するのが良いかと思う。
              チェンライの町からメーサイ行きのバスに乗りメーチャンまで行く。メーチャンの市場の裏のほうにソンテウが何台も停まってるので「メーサロン(またはサンティキリッ)に行きたい」というとどのソンテウが行くかを教えてくれるだろう。
              そのソンテウで2時間ほど山道を走れば到着。
              この2時間、道は舗装されているがあなどれない。ソンテウはなんどもローギアを使わなければならない急坂を越える。酔い止め薬は必須と思う。自分で運転してても酔うくらいだから(笑)

              余談だがガイドブック(歩き方やロンプラ)ではパッタンメーチャンで乗り換えるような方法が紹介されているが、この方法だと路傍の東屋でソンテウを待っていなければならないし、運悪くトイレにでも立っていたときにソンテウが来ると乗れなかったりするので素人にはオススメできないbyゴノレゴ。

              | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              2008タイ旅行 1日目その5 Greyhound Cafe
              0
                ニュウがなんか落ち着きが無いので
                「なんか予定でもあんの?」って聞いたら
                「パンクが来るかも」とのこと。

                パンク(Pank)というのはやっぱりメルボルンで会ったタイ人の一人で、やけに金持ちな女の子だ。ただしクラスはエレメンタリーだったので英語力は?だが、なぜか片言の日本語を話すので日本人のジン君は仲良くしていたようである。

                ちなみにジン君というのはメルボルンのYHAで同室だった1コ下の日本男児で、北関東の某電力施設で働いたあとに1年のワーホリにやってきたとのこと。僕の2日前にメルボルン入りしたのだけど英語がまったくなので初めの数日は行動を共にしていた。
                英語学校も同じだったのだけど僕の次の週からのスタート。レベルはエレメンタリーだった。

                …と脱線してしまったけど、そんな2人と向かった先はサイヤムセンターグレイハウンドカフェ
                Greyhound CAFE
                今回は食べたい料理としてカオマンガイをリクエストしていたので、おすすめカオマンガイの店として連れてってくれた。
                グレイハウンドカフェは日本のカフェのような小洒落た内装で、こんなとこで美味いカオマンガイが食えるのか心配だったが、これが!
                タレが3種類付いてくるのも良いし、ご飯も良い具合に炊かれている!!
                サイドメニューもなかなかで、レモンティー(チャー・マナオ)もイケますよ。お茶を氷にして、そこにさらにお茶を注ぐという凝ったことしてます。
                ニュウとパンク
                ここでカオマンガイ、トムヤムクンをはじめスイーツまで食いまくって腹一杯になったあと、さらにパラゴンに繰り出すぞー。
                | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                2008タイ旅行 1日目その4 MBK
                0
                  マーブンクロン(以下、MBK)の1階にスタバがあるんで、そこでニュウと待ち合わせの予定。
                  ニュウは昨年のメルボルンで出会ったタイ人の男で、向こうでは一緒にフィリップアイランドへドライブしたり遊んだりした友達。
                  今回の訪タイにあたって何人かのタイ人にコンタクトしたのだけど、良い返事があったのはニュウだけだった。
                  それとニュウの妹が来月日本に来るっていうんで顔合わせさせたいらしい。

                  約束より15分くらい遅れてスタバ到着。ニュウはすぐに分かったけど一段とデコが後退しているw。僕よりけっこう若いのに〜。
                  彼にそっくりな妹はなんか予定があるらしくて挨拶だけしてすぐに行ってしまった…。なんなんだ!?しかも英語でしか挨拶してないし…、いいのか!?

                  で、さっそく上階へ。以前の日記にも書いたかもしれないけれどMBKの4階あたりには携帯ショップが鮨詰め状態で営業している。いつもここでNOKIA6630
                  のカバーを買ったりしているわけだが今回の目的はプリペイドSIMだ。
                  あらかじめ「1-2-Call」あたりがいいんじゃないかなーと思ってたんだけど、ニュウのオススメもOne-2-Callだったのでそれにした。
                  番号を選べるけれど、普通の番号ならスターターキットで350B(1200円弱)。しかも300Bの通話料も含まれている。
                  安いなー、安いなー。
                  店ではその場でアクティベートしてくれるのですぐ使えるのもうれしい。
                  ちなみに国際SMSは10B/回、国際通話は008を頭に付けると5B/分とのこと。安すぎるんだが良いのだろうか。

                  ただしこの1-2-Call、安いからかどうかは知らないが頻繁にプロモーションメッセージが届く。あとは有効期限が1ヶ月と短い(もちろんチャージすれば延びる)。
                  それともちろん、SIMロックされている日本の携帯に挿しても認識しないのでご注意を!僕はNOKIA7250で使ってます。タイ語表示も可。
                  | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  2008タイ旅行 1日目その3 空港〜市内
                  0
                    空港からのタクシーは三菱ランサーだった。
                    以前はDAEWOOのタクシーも見かけたけれど近年では激減。この旅行中でも1台しか見かけなかった。
                    それとホンダFitとかがタクシーになっても良いような気がするんだけど無いね。

                    三菱ランサーの運転手との話

                    J「タクシーはトヨタが多いけどこれは三菱だね、けっこう良い?」
                    運「トヨタのほうがエンジンがいいね。最近は特にガソリンが高いからエンジンが大事なんだよ。この車はトヨタのエンジンに載せ換えてるんだ。」
                    J「マジすかw、そりゃすごいね。」
                    運「あとガソリンが高いからガスエンジンにしてるよ」
                    J「ふーんすごいね。ガスのほうが安い?」
                    運「半額くらいだね、日本ではどう?」
                    J「日本ではガソリンは150円/Lくらいだけど、ガスは普段は使わないから知らないな。日本ではほとんどタクシーしかガス使ってないしね。」
                    運「タクシーだけなのかー。いまこっちはガソリンが100円/Lくらいだ。」



                    てな感じでマーブンクロン・ショッピングセンターに到着しました。
                    | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    2008タイ旅行 1日目その2 到着
                    0
                      いよいよタイ到着。
                      機内放送で現地気温32度だと…、夏だなぁ。

                      この機内放送、昔は英語が全然分からなかったけれど何度も聞いてると分かるようになるね。

                      で、スワンナプーム空港に着くとなんだかイミグレ激混みorz
                      そういえばドンムアン時代は飛行機降りると小走りでイミグレに向かったりしてたな、なんて思い出しながら待つ。
                      待つこと30分以上でやっと順番が回ってくる。
                      それにしてもこのイミグレの天井はどうにかならんのだろうか!?
                      以前のドンムアンではやたらと天井の低さが印象的だったのと対象に、今回は天井がとても高く、さらにメッシュ素材の天井となっていてスラブまで見透かせるようなデザインになっている。
                      撮影できない場所なので写真が無いのが惜しいが、このメッシュにクモの巣がすごいんだよね。一昨年もそうだったし。



                      さて、イミグレも通過したしとりあえず市内へゴーです。
                      あとで夜にニュージーランドから韓国人の友人が空港に来るので、とりあえず荷物は空港の手荷物預かり所に預けておく。
                      空港からはタクシーで市内まで450バーツ(1500円)。
                      | ウラノイエノケンチクカ | 旅行 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      このページの先頭へ